MENU

頭痛や吐き気まで発生してしまうひどい肩こり

20代の頃から時々ひどい肩こりに悩まされています。

 

特に集中して何かの作業をしたり、PCの前に座り続けていたりすると右側か左側の肩の奥深くまで痛みを感じます。首を動かすと、奥の方まで太い筋がキーンと痛むような症状です。

 

それと同時に頭痛も発生します。特に生理前や週末になるとひどい痛みが。肩こりから始まるのかは不明なのですが、わりと同じ時期におこります。こめかみが脈打つような症状もあれば、頭全体が重たいような時もあります。

 

こうなると特に私の頭痛は「音」に敏感な様で、「来たな」と思ってベッドで横になっていても屋外から子供の声や車のドアの開け閉めの音がするだけで、頭の中に響き吐き気をもよおすほど。

 

肩の痛みのためには体を動かした方が良さそうなのですが、頭痛のためにそれができず。右利きなのでバランスを取るために、PCに向かう時もマウスは左手で作業をしたり、カバンも左右交互に掛け替えたり…と注意はしているのですが、年に3,4回…くらいなのですが横にならずにはいられないような肩の痛みと、それから発生する頭痛に悩んでいます。

 

肩こりはじわじわと「あれ?ちょっとおかしいな」と感じるくらいなのですが、それを追いかけるようにずぐに偏頭痛の症状が感じられるので、「来るぞ」と分かるほどの長いつきあいです。

ストレスと姿勢の悪さが肩こりの原因だと思っています。

肩のこり・頭痛から気分が悪くなると、家事をするのも辛くなります。それでも、買い物や子供の用事などで車を運転したり、人と話をしなくてはいけないのが日常。

 

そして在宅でも仕事をしているので、それを多少遅らせてでも少しベッドで横になります。そして様子をみながら症状が軽い間に「やらなければいけないこと」をなるべくこなしています。

 

外での仕事(通訳業)は、お客さんと一緒に企業訪問をしたり展示会でニコニコしながら来場者の応対をする必要があるので、肩が痛い・頭が痛いなどとは言っていられません。ですので、なるべくこの症状と上手に共存していくことが必要なんだと長年の間に学んできました。

 

だいたい症状が出る数日〜数時間前から気がつくのですが、ひとつの原因は「ストレス」だと思います。特に、「明日は早朝出勤で、◯◯さんにお会いして…」などと考えると、どれだけ準備万端にしていてもぐっすり眠ることができません。そのために、何度も起きてしまったり、枕元の時計を確かめたり。こういう夜が明けると、朝から肩も頭もずんっ!と重たい感じがします。
(…が、仕事なので無理してでも出かけます)

 

もう一つは、姿勢の悪さがあると思っています。猫背気味でかつ冷え性なのでどうしても背中も腰もガチガチに固まったような感じで過ごしてしまうのが原因ではないかと…。

 

分かってはいるのですが、なかなか治せないもので。

肩こりの症状が長いぶん、自己流の対処法も考えています。

ただ、長年こうした症状に悩まされているだけに、色々な情報を入手して自分なりにできる対策法を考えています。

 

まずはなんと言っても「水分補給」。普段から水やお茶などは積極的に摂るようにしています。

 

そして、肩の痛みが感じられるな…と思ったらグリグリと肩や腕を回す運動をしたり、二の腕を揉んだりと自己流マッサージを。自分でここが気持ちいい…と思う部分を押しています。

 

そして、「来そうだな」と思う頃には市販の鎮痛剤(イブプロフェン系)を服用。ただ、その後何回飲むことになるのか予想がつかないので、まずは1錠…などと少量から飲み始めます。

 

本格的に肩こりで治療を受けたことはないのですが、20代の時に椎間板ヘルニアをやった時には整体の先生のところに通い上手に処置していただきました。それ以降は、専門的に治療を受けたことはありません。

 

でも、温泉・スーパー銭湯などにいけば必ずマッサージはお願いします。よく行くお店には、顔見知りで、あまりあれこれ話しかけないでくれるスタッフがいて、気軽にお願いできるので助かっています。お風呂は特に、体を温めたり、湯船のなかで思いっきり体を伸ばすことができるので、それだけでも効き目があるような気がしています。

 

あとはもう、寒さ対策と自分で気づいた時に姿勢を直す…くらいでしょうか。

 

数年前は、寒い冬でも時間があれば1時間ほど近所を歩いたりしていました。そうすることで体が温まり体も軽くなったので、またそんなことも始めなければと思っていますが、家事と仕事に追われてなかなかできないのが反省点です。

 

最近は、低周波で偏頭痛の症状を和らげる「Cefaly」という医療器具を使っているのですが、これを使って頭痛を和らげると、なんとなく肩こりも良くなるような気がしています。実際には肩こりに効いているわけではないのでしょうが、頭の痛みが和らぐことでリラックスできて眠りの質が良くなっているのかもしれません。

 

これから50代、60代…まだまだ続くのかもしれない体の痛み、上手に付き合っていこうと思っています。